スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14年ブリードの成果

ユークワです。
今日は強烈に暑かったですね。

このところ当ブログは、業績不振によりネガティブな雰囲気が漂っている気がするので、
今回は、あんまり明るくはないですが、14年度の成果発表をしたいと思います。

当家の今期最大個体は、これでした。
14YG118 (640x480)
能勢YG血統1番ライン84.8mmです。
以前84.5mmと紹介しましたが、今回写真撮影のために再計測しました。
目標の85mmにちょこっと足りませんでしたが、自己ベストは更新できました。
親♂が82.7mmですので2.1mm親越えです。良く考えると上出来のような気もしてます。
次世代で86mmUPを期待しましょう。

もう一歩でエースの座を逃したヤツはこれです。
14Yg110-2 (640x480)
前にも紹介した当家最大羽化の86mmBです。今回計りなおしたら866ありました。
写真撮った瞬間、片顎に隙間ができてますが、両方つきます。
(Bなので誰も気にしないかな)

悔しいのでもう一枚。
14YG110-4 (640x480)
ご覧の通りお尻が出ています。
掘り出した時、「デカイ!羽も閉じて美肌!やった!」と思いましたが、取り上げてみたら「お尻が!!」
尻を差し引くと85mm台だと思いますが、尻以外完ぺきなので種候補にしよう思っています。

久留米は、昨年の最大81.2mmから1mmUPのこれが最大でした。
14KU101 (640x480)
YGの写真は当家クワオーナーの息子にシャッター押してもらいましたが、この個体を用意している間に逃げられました。
一人でノギス写真が難しいですね。
話をクワに戻すと、この個体は久留米1番ラインでメルリンさん12年7番♂*12年1番♀の仔です。
親♂は81mmなので、こちらも1mm親越えです。
久留米はこの仔を来期種親にして、次世代で84mmを目指したいと思います。

14年は平均的には良くなかったけど、自己ベスト更新できたので、
この調子で毎年少しずつ大型化していきたいと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

ユークワ

Author:ユークワ
二人の子供とオオクワ飼育を始めたオヤジです。
他には自転車(ロード、MTB)を楽しんでます。

カテゴリ
最新記事
幼虫管理データ

2013年
能勢・久留米

2014年
能勢・久留米

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。